防火戸のお役立ち情報がいっぱい!

大切な住宅を火災から守るために、玄関の引き戸を防火戸に交換したい人が増えています。
住宅リフォームの専門店では、人気のメーカーの商品が揃っているので安心です。
防火性の高い商品は8万円から、20万円前後の商品が人気があります。
既存の商品を撤去する必要がありますし、人件費や工賃などが必要です。
住宅の形状によっても多少は違ってきますが、事前に見積もりを表示してくれるので安心出来ます。
口コミで評価の高いリフォーム専門店を選びましょう。

玄関の引き戸を防火戸に!かかる費用はいくら?

玄関の引き戸を防火戸に!かかる費用はいくら? 全国どこで生活をしていても、大地震の被害に遭う可能性があります。
地震の揺れだけでなく二次災害の火災を防ぐために、自宅の玄関の引き戸を防火戸に交換したい人が多いです。
住宅リフォームの専門店では、人気のメーカーの商品を数多く取り扱っています。
防火戸に交換をするとどれぐらいの費用が必要なのか、知りたい人が多いです。
玄関の形状によっても多少の違いがありますが、防火戸は8万円から20万円前後です。
既存の引き戸を撤去する必要があるので、人件費や工賃などが必要になります。
口コミで評価の高い専門店を選んでおくと、事前に見積もりを表示してくれるので安心です。
使用する素材やサイズによっては、比較的費用を抑えることが出来ます。

防火戸は自動閉鎖装置付きの引き戸を選ぶのがおすすめ

防火戸は自動閉鎖装置付きの引き戸を選ぶのがおすすめ 火災が発生した時に消防活動や煙の十万を防ぐために用いるのが防火戸ですが、現在は自動閉鎖装置の引き戸タイプが登場しており、様々なメリットがあります。
企業などで防災担当をされている場合、設置スペースや安全性などに配慮することが欠かせず、調査の際には悩むことも多いかもしれません。
このタイプなら色々な問題点をクリアできます。
まず引き戸タイプの防火戸ですから、扉の前のスペースを確保できます。
開き戸ですと平常時は扉を開けておきますが、見た目も良くないですし扉が邪魔になりがちです。
またうっかり扉の前に物を積んでいたりすると、防災の際には企業責任となりかねません。
この問題は引き戸タイプなら解決できます。
また自動閉鎖装置は付いていた方が安心です。
例えば煙感知器と連動させることで自動的にドアを閉められます。
もちろん利用者を挟み込みそうな時には、安全装置が働いてくれます。
エレベーターの扉をイメージすると良いでしょう。
このような自動装置があれば、社員が危険を冒して手動で閉めに行く必要はありません。
特にケアホームなどでは利用者の退避にマンパワーを割くことが重要になりますから、対応をスムーズにするためにも自動閉鎖装置はおすすめできます。

防火戸には基準がありいくつかの種類があります!

防火戸は、「防火設備型」と「特定防火設備型」の2種類に分類することが出来ます。そして、そのそれぞれの名を名乗るためには明確に定められた基準をクリアしなければなりません。つまり、その名がついている限り、ただなんとなく燃えにくいドア、というわけではありません。
具体的な特徴としては、防火設備型については通常火災における火炎を20分間シャットアウトする性能有する必要があります。なお、その効果を有効するためには建築物外壁の開口部に取り付ける必要があるところも特徴です。
一方で、特定防火設備型については火災が発生してから1時間以上迫ってくる火炎の貫通を防ぐことができる耐火性能を有しなければなりません。設置場所には防火区画全般が含まれ、本区域に建物を建てる場合その開口部には特定防火設備型の防火戸を設置する必要があります。基本的に認定基準が厳格なものになっているので、本タイプはいずれも特殊構造のドアのみが該当します。

国土交通大臣が定めた防火戸の遮炎時間指定

防災設備の一つでもある防火設備には、防火シャッターや防火戸などの種類があり火災から大切な建築物を守る重要な役割があります。
設置場所は、耐火建築物もしくは準耐火建築物の外壁の開口部で延焼リスクを持つ部分、または防火地域もしくは準防火地域内の建築物の外壁の開口部で延焼リスクを持つ部分です。防火戸など防火設備は、遮炎性能および準遮炎性能の2つのレベルがあるのですが、建物の屋内や周囲で発生する通常の火災は遮炎性能、建物の周囲で発生する火災は準遮炎性能など違いを持ちます。これらは設備の技術的基準に含まれるもので、法令で認められているものは国が政令の中で定めている技術的基準に合致し、さらに国道交通大臣が定めた構造方法などの指定があります。なお、防火戸は火災発生から20分間の遮炎時間が指定されており、この間に建物内部にいる人々の非難活動および消火活動を行う、これにより人的被害をゼロにし建物の全焼を回避させるなどの重要な設備といえましょう。

特殊防火設備と防火戸は同じもの!?その違いを解説!

防火戸は、火の回りを最小限に抑える目的で設置します。
火災になると防火戸を閉めることで、他の空間に火が回りにくくなるので全焼を免れることができるメリットを持ちます。防火設備は、炎を遮る構造を持つ設備の総称になりますが、国が政令で定めている技術的基準に適合していて、国土交通大臣が定めている構造方法を使っているもしくは国土交通大臣の認定を受けているなどの基本的な条件を満たしているものです。防火設備は、耐火性能の度合いにより防火設備と特殊防火設備の2つに分かれているのが特徴で、防火戸は20分間の耐火および遮炎性能を持ち、外壁の開口部や防火区画の一部などが設置場所です。特定防火設備は、1時間の耐火および遮炎性能を持つ、防火区画や防火壁の開口部、外壁の開口部や避難階段の出入り口などが主な設置場所です。なお、防火区画は建物内部を防火扉などのようなもので区切り、火災の延焼を防止するための区画を意味します。

防火戸を設置することで安全面が強化されます

消防法や建築法などでは、一定規模の建物については防火戸を設置しなければならないことが、義務付けられています。例えば工場などで火災が発生した場合、その建物は規模が大きいですので、次から次へと部屋が燃え盛り被害が拡大してしまいます。しかし、そのようなときに部屋と部屋をつなぐ防火戸が設置されていれば、炎は隣の部屋に燃え移るリスクがかなり減りますので、火災の被害をより抑え込むことができるのです。
この防火戸は2種類あり、普通の扉タイプのものもあれば、シャッター式のものもあります。さらに、シャッター式のものにも手動式のものと自動式のものがあります。夜間など人がいないときに、火災が発生した場合は手動式だと人がいないため作動しません。そういった意味では自動式の方が、安全面では効果が高いと言えます。この防火戸は炎に耐える性能と、煙の侵入を防ぐ構造面での性能があり、これにより炎はごく小さな隙間からも侵入できないのです。

建築基準法での防火戸の役割と性能規定について

防火戸は、防火扉とも呼ばれるもので、防火シャッターやクロススクリーン、ドレンチャーなど防火設備の一つです。
防火設備は4種類に分類されますが、それぞれ定期的点検が必要で点検結果は行政への報告が建築基準法の中で義務が設けてあるのが特徴です。防火戸などの場合、鉄製仕様では鉄板の厚みは0.8mm以上1.5mm未満で、鉄骨コンクリートもしくは鉄筋コンクリート製のものは厚みが3.5cm未満、土蔵造りは厚みが15cm未満など材質に応じて厚さの基準が異なります。なお、防火戸の性能は、20分間の耐火および炎を遮断するものなどの規定が設けてあり、網入りガラスやそで壁などが代表的です。主な設置場所は外壁の開口部や防火区画の一部で、延焼を防ぐもしくは建物内部から人が避難できるようにするなど適切な場所に設置することで防火戸の性能を維持させることができるわけです。廊下や階段などに設置しておいて、火災のときには煙感知器などと連動させて自動的に閉鎖させる機能を持ちます。

防火戸を正しく設置することで得られるメリットとは

防火戸は防火扉や防火シャッターとも呼ばれ、対炎性のある素材によって火災発生から20分、または1時間のあいだ炎を堰き止める性能があります。建物の中で火災が起きてしまった時、炎や煙が広がるのを防いだり、隣接する建物へ延焼するのを防止する役割があります。
火災が広がることで建物にダメージを与えるのを最小限に留めるなどの利点もありますが、最大のメリットは人命が助かる確率を上げることです。火と煙を一時的に堰き止めることで、建物の中にいる人を避難させ、消防署へ通報することができるため、かさいの被害を小さくすることができます。防火戸には常時閉鎖式と随時閉鎖式の2種類があり、それぞれ特徴が異なります。常時型は常に扉が閉まっているので、人が通る時に開けます。大きく開いたままロックされなかったり、扉から手を放せば自動的に閉じてくれるのが特徴です。随時型の場合、普段は扉が開いていますが、煙や熱を感知することで自動で閉じる仕組みになっています。動かない場合は手動でも操作可能で、制御盤を使った遠隔操作ができるタイプもあります。

火災の貫通から守る防火戸にもデメリットがありそれに注意する

火災が発生すると激しい炎と煙の充満が想定され、それによって人命を落としてしまいがちです。防火戸の役割は、こうした炎の燃え広がりをシャットアウトするのと煙の充満を防ぐことにあります。
建築基準法などの法律でも大きな建物では設備で備えておくことが求められ、万が一、火災が発生した場合にはそれを閉めることによる対処が求められます。こうした防火戸はしっかりと機能すれば、人命を守ることにも繋がる大きな武器になることは確かで、それにより人命が助かったケースも非常に多いです。ただ注意点には必ずしも防火戸にはメリットばかりでなく、デメリットも存在することを知っておくべきです。それには幾つか存在しますが、例えば火災が発生していないのに通常時でも誤作動で閉まってしまう恐れもあります。
また万が一の時にはパニックになっていることも多く、上手く起動をしないケースも存在します。さらには防火戸が邪魔になって還って逃げ遅れが生じること、しかも日ごろからメンテナンスを徹底することも重要で、維持管理に手間がかかる点もあります。

設置する施設によっても種類が違う防火戸の役割とは

防火戸は建築基準法によって規定されている防火設備のことで、防火扉や防火シャッターと呼ばれることもあります。防火戸の役割は万が一の火災時に火が建物内に広がることを防いだり、隣接する建物への火の移動を防ぐ為に設置されています。
建物の安全を守る防火戸には種類があり、設置する施設によっても変わります。防火戸は常時閉鎖型と随時閉鎖型に分かれ、常時閉鎖型は手動によって開閉される以外は常に閉まっているタイプのもので随時閉鎖型は火災感知器機能が付いていて火災を完治して自動的に戸が閉まる特徴があります。常時閉鎖型はマンションやビルなどに多く設置されていて、非常時以外は戸は閉められる状態になっています。学校や商業施設などには随時閉鎖型のタイプを設置している所が多く、普段は開いていて万が一の場合に戸が閉まる仕組みを採用しています。常時閉鎖型と随時閉鎖型どちらも火の回りを止めて消防車の到着まで時間を稼ぐ為には必要な防災設備で、日頃から戸の前に荷物を置かないことや定期的な開閉の点検がとても重要となります。

防火戸の検査を怠ったり虚偽報告を行ったりした時の罰則とは

防火戸は火災発生時に一時的に延焼を防いでくれるもので、防火区画毎の設置が義務付けられています。その為、正常に機能するかどうかを確認する為に、法的検査として防火設備定期検査を実施する必要があります。尚、この検査には報告義務と虚偽報告に対して建築基準法に基づく罰則規定が設けられています。その為、常に防火戸を開放していたり防火戸の閉まる部分に物を置いていたりすることが無いようにしておかなければなりません。尚、報告義務を怠ると100万円以下の罰金が科せられる可能性があります。
また、虚偽報告をした場合にも独自の罰則が設けられていますが、もしも火災等が発生した場合には、建物の所有者や管理者に刑事罰が科せられますので、十分に注意が必要です。その為、防火戸の設置状況や定期検査に関して何か問題や悩みを抱えている場合には、専用の相談窓口に問い合わせて、報告義務を怠ったり虚偽報告を行ったりしないように努めなければなりません。

防火戸の働きと様々な種類などの基礎知識について

万が一火災が発生した場合に、火の手から人命や建物を守る為に必要不可欠な防火設備が防火戸です。建築基準法に規定されていて防火扉や、形状がシャッターの場合には防火シャッターと呼ばれることもあります。
建物の規模や種類によっても設置を行う場所や、設置をする個所が法律によって決まっています。防災設備を整えていると火災時に火のまわりをある程度の時間止めることが出来る為、建物延焼を防ぐ重要な役割を持っています。防火戸には様々な種類があり常時閉鎖型防火戸と、随時閉鎖型防火戸の2つの構造に分かれます。常時閉鎖型の形式は人間の加減によって開いている場合には戸が開放されていて、それ以外は閉鎖されているものです。随時閉鎖型の形式は火災が発生した場合に感知して閉鎖されるもので、戸がスイングして閉まるものやシャッターが降りて閉まるものなどそれぞれあります。重要なことは万が一の時に有効に迅速に作用することで、日頃から常時閉鎖型のタイプで開いたままにしていたり随時閉鎖型のタイプの戸の前に荷物を置くといったことは決してしないようにすることが大切です。

防火戸におけるトラブルの内容や注意点について

建物で火事が起きた場合、中にいる人の命を救う装置として防火戸というものがあります。
これはある一定規模以上の建物には必ずあるものですが、通常使っている普通の扉に見えたり、壁と同化して見えて扉に見えなかったり、天井の隙間からシャッターのように降りてくるタイプだったりと形状が様々であるため、一般の使用者から認識されにくい点があります。
建物を使用している人が防火戸という認識がないとトラブルが起こる可能性があり、注意が必要です。
特に多いのは、普段は開けて使っているのでそこに扉があるという認識がなく、前にものを置いてしまうケースです。
これでは大事な時に防火戸として使用ができないですし、センサーでシャッターが降りてきても完全には閉まりません。
結局は火事の際に意味をなさずに違う部屋にまで延焼を広げてしまうのです。
こういったことがないように消防は定期的に点検をしていますが、使う全員が防火戸があるという認識をしていないとトラブルが繰り替えされます。

防火戸を実装して事故被害の拡大を防止する

防火戸とは、火災事故や放火事件が発生したときに、延焼や煙が建築内部に充満することを防止するために、火災区画を他のエリアから遮断するドアのことです。
ショッピングモールやターミナル駅やビル内部に立ち寄ると、防火戸と黒塗りで記載された頑丈なドアを見る機会があると思います。
例えば火災現場に何も設置されていないと、可燃物と酸素が十分に存在している限り、災はほかの区画に延焼していきます。
閉鎖された施設内で火災が発生すると、猛毒の一酸化炭素が大量に発生し、過去にも多数の被害者が続出した事故がありました。
防火戸を設置することで、炎症区画をほかのエリアから隔絶することにな、一時的に火炎と煙を食い止めます。
時間的猶予を確保できるので、避難誘導や消防署への通報などの時間をかせぐことができ、火災被害の拡大を可及的に防止します。
防火戸をせっかく設置していても荷物が放置されていると、本来の機能を発揮できないので日ごろの管理も重要です。

いろいろな防火戸メーカーから最適なものを選ぶ方法について

防火戸メーカーから最適なものを選ぶためには、以下のポイントに留意する必要があります。
まず第一に性能や品質を確認することが重要です。
防火性能は耐火性能や耐熱性能によって評価されます。
製品の仕様や認証情報を確認し、適切な耐火等級や耐熱時間を持つ製品を選びましょう。
防火戸の耐久性や耐候性、メンテナンスの容易さもチェックすることが重要です。
次に防火戸のデザインや外観も考慮する必要があります。
建物や部屋のスタイルに合わせて、デザインやカラーを選ぶことができる製品が選択肢に含まれているか確認することが必要です。
防火戸は建物の一部としても見えるため、外観の美しさや統一感も重要な要素です。
さら取り付けや設置についても考慮する必要があります。
メーカーが提供する取り付け方法や設置時の注意事項を確認し、施工の容易さや費用も考慮しましょう。
サポート体制やアフターサービスについても調査し、長期的な利用におけるサポート体制を確保することも重要です。

防火戸を取り扱うことを専門にしている職種

一般企業では、安全対策を担当する職種の求人をすることもあります。
このような職種の人が担当するのは、企業が使用しているオフィスなどの安全設備を確認する仕事などです。
工場を運営している会社ならば、工場内の施設の安全を確保するために、こうしたスタッフを募集することもあります。
安全対策をする時に調べなければいけないのは、施設内に設置されている防火戸です。
防火戸は火災が発生した場合に非常に重要な役割を果たすので、普段からしっかりと点検しておくことが必要です。
管理を任されている人は定期的に扉の状態を検査することで、安全に使用できるかチェックしています。
防火戸の状態を調べるために担当者が確認しなければいけないことは、開け閉めが正常にできるどうかです。
開け閉めが簡単にできない状態になっていると、万が一火災が発生した場合に、被害が大きくなることもあります。
このような被害を予防するためには、日ごろからしっかりと扉の動作を確認して、開け閉めがしにくくなっている場合には、設置した会社に相談する必要があります。

火が燃え広がるのを防ぐ!防火戸の機能とは

防火戸は、一般的に「防火扉」「防火シャッター」とも呼ばれており、火災が発生した時に防火戸を閉めることで煙や火の侵入を一時的に防ぐ機能があるので、その間に避難経路を確保したり、消防署に通報したりする事ができます。
火災による燃え広がりを防いだり、被害を最小限に抑えることができるため住宅の扉や工場、倉庫などに多く用いられています。
防火戸は鉄骨や鉄筋コンクリート、網入りガラス、防火塗料を塗ることで耐火性能を付与した木材など様々な素材が使われております。
防火戸は、1時間以上火災による炎を通さない長時間耐えられる耐久性の高い「特定防火設備」と、20分以上炎を遮り、建物の外部からの延焼を防止する効果がある「防火設備」の2種類があります。
機能も豊富で、常時閉鎖しているが火災の時に人の手で簡単に開閉でき、開けた状態なら手を離すことで自動的にゆっくり閉まるタイプや普段は開閉しているが、熱源や煙を感知すると自動的に閉まり遠隔操作ができるタイプもあります。

防火戸の選び方と業種別の活用事例を解説するお役立ち情報ガイド

安全を確保するために欠かせない防火戸は、火災から建物を守る重要な役割を果たします。
防火戸の選び方にはいくつかのポイントがあり、業種によって求められる特性も異なります。
まず、耐火性能の選定が最も優先されるべきであり、防火戸には耐火時間によって等級が分けられています。
一般的には30分から2時間までの耐火性能を持つ製品が市販されており、使用する場所や目的に応じて適切な製品を選択することが重要です。
次に、施工のしやすさやデザイン、操作性なども考慮すべき事項です。
例えば、商業施設やオフィスビルに設置する場合、見た目の美しさやスムーズな開閉が求められることが多いです。
また、工場や倉庫などの業種では、機能性を重視し、迅速な避難や消火活動ができるように細部まで配慮した製品選びが求められます。
実際に活用されている事例を見ると、多くの企業が耐火性能はもちろんのこと、日常の利便性や合法性を考慮して、最適な防火戸を選定していることがわかります。
このように、防火戸の選定は複数の側面から検討し、業種特有のニーズに対応するものを選び出すことで、安心して業務に専念できる環境を整えることができます。

防火戸の知識と海外での取り組みに関するお役立ち情報ガイド

火災は予測不能であり、万一の出来事に備えるために防火戸の設置が推奨されています。
防火戸とは、火災時に延焼を阻止し、非常時の避難路を確保するための設備です。
この装置により、炎や煙の拡散を遅らせ、人々の安全確保に役立っているのです。
日本では、法律による規制や建築基準が設けられており、多くの建物で防火戸の設置が義務付けられています。
海外に目を向けると、防火戸の設置基準は国によって大きな差があります。
例えば、アメリカでは消防法規が厳しく、商業ビルや集合住宅には防火戸が必須とされていますが、個人の居住空間においてはその要件が異なる場合もあるのです。
一方で、ヨーロッパでは、歴史的な建築物の多い都市部では外観を損ねないよう、防火戸のデザインに対しても特別な注意を払って設計されています。
日本における防火戸の利用実績をもとに、海外での防火戸の設置や使用に関するアイデアを提案することもできるでしょう。
このような国際的な情報交換は、世界中で防火戸の普及と技術革新を促進する可能性を秘めています。
読者の皆様がこれらの情報を生かし、それぞれの立場で防火戸の重要性を認識し、安全な生活環境作りに役立てることを願っています。

防火戸の選び方と設置に関する条例の解説:安全を守るためのお役立ち情報

私たちの生活空間において安全性を高めるためには、様々な規制が設けられています。
特に重要なものの一つが防火戸です。
この記事では防火戸の選び方と設置に関する条例について、その基本を解説していきます。
防火戸は建物の火災から住人を守るための防御機能をもった扉であり、火災時に延焼を防ぎ、逃げ遅れを防ぐために設置されます。
市町村によっては、建築物の規模や用途に応じてその設置が義務付けられることがあり、具体的な要件は各地域の条例で定められています。
防火戸の選び方には、耐火時間という指標が重要になります。
これは防火戸が火に耐えられる時間のことで、条例によって要求される耐火時間が異なりますので、設置する建物に応じた適切な製品を選定することが大切です。
また、防火戸の設置場所も重要なポイントです。
階段やエレベーターホール、廊下などの共用部分に設置することで、住人が安全に避難するための時間を確保します。
設置する際には、条例だけでなく建物の構造や避難経路の確保など、総合的に考える必要があります。
最後に、防火戸の設置だけでなく、定期的なメンテナンスも欠かせません。
自動で閉まる機能が働かないなどの不具合があれば、せっかくの防火機能が機能せず、危険な状態になることもあります。
安全を確保するためにも、日頃の点検と必要に応じた修理や交換が大切です。
これらの点を踏まえ、防火戸の適切な選び方と設置方法、維持管理の方法について理解し、安全な住環境を守るための一助としていただければと思います。

インターネットで調べる防火戸の選び方とその利点

住宅の安全性を高める上で外せない要素の一つが防火戸です。
火災から家族と財産を守るために設置された防火戸は、万が一の事態に備えて耐火性能を有しています。
この記事では、インターネットを利用して防火戸選びをする際のポイントや、その利点についてご紹介します。
まず防火戸を選ぶにあたり重要なのは、その防火戸がどの程度の耐火性能を有しているかです。
耐火時間や材質、設置する場所のサイズに合った製品を選ぶ必要があります。
インターネット上では、各メーカーの詳細なスペックが掲載されており、比較検討しやすいという利点があります。
次に、デザインのバリエーションです。
安全性とともに、住まいの雰囲気に合うデザインの防火戸を選びたいものです。
幅広いデザインがある中で、インターネットを活用すれば自宅にいながら多くの選択肢を目にすることができます。
さらに、実際の設置例や口コミを調べることで、実際の住宅での対応や使用感を知ることができます。
インターネットを利用すれば、自分の住宅やライフスタイルに最適な防火戸選びを行うことが可能です。
防火戸の購入を考えている方は、是非インターネットを活用しつつ、安全かつ美観にも配慮した商品を見つけることをお勧めします。
安全な暮らしを送るために、適切な商品選びを心がけましょう。

事故を未然に防ぐ防火戸の知識と活用法に関するお役立ちガイド

私たちの安全な生活環境を守るために、防火戸の役割は非常に重要です。
防火戸は建物内で発生する火災から命と財産を守るための設備であり、それはまさに潜在的な事故を未然に防ぐための最前線となります。
この記事では、防火戸がどのように機能し、あなたの生活にどのように貢献するのかについて解説します。
防火戸は、予期せぬ火災時において炎や煙の進行を遅らせるために設計されています。
特に、火災発生時の避難ルート確保や火災の拡大防止に大きな役割を担っており、防火区画を形成するのに不可欠です。
それらは耐火性能に優れた材料で作られ、場合によっては自動的に閉まる機能を持つこともあります。
しかしながら、防火戸が適切に機能するためには正しい使用が必要です。
定期的な点検とメンテナンスを怠らず、不備があれば速やかに専門家による修理を行うことが肝心です。
また、日頃から防火戸の前に物を置かない、避難経路を確保するといった基本的な行動が求められます。
目的に応じた防火戸の選択や適切な保守管理を行うことで、万が一の際にも迅速な避難を促し、火災による被害を最小限に留めることができるでしょう。
私たちの生命と財産を守るために、防火戸の正しい理解と活用はとても大切なのです。

もっと防火扉の情報を探すなら

もっと知りたい防火扉のこと

新着情報

◎2024/4/15

情報を追加しました。


>防火戸の選び方と業種別の活用事例を解説するお役立ち情報ガイド
>防火戸の知識と海外での取り組みに関するお役立ち情報ガイド
>防火戸の選び方と設置に関する条例の解説:安全を守るためのお役立ち情報
>インターネットで調べる防火戸の選び方とその利点
>事故を未然に防ぐ防火戸の知識と活用法に関するお役立ちガイド

◎2023/6/21

情報を追加しました。


>防火戸におけるトラブルの内容や注意点について
>防火戸を実装して事故被害の拡大を防止する
>いろいろな防火戸メーカーから最適なものを選ぶ方法について
>防火戸を取り扱うことを専門にしている職種
>火が燃え広がるのを防ぐ!防火戸の機能とは

◎2022/8/19

情報を追加しました。


>防火戸を正しく設置することで得られるメリットとは
>火災の貫通から守る防火戸にもデメリットがありそれに注意する
>設置する施設によっても種類が違う防火戸の役割とは
>防火戸の検査を怠ったり虚偽報告を行ったりした時の罰則とは
>防火戸の働きと様々な種類などの基礎知識について

◎2021/10/19

情報を追加しました。


>防火戸には基準がありいくつかの種類があります!
>国土交通大臣が定めた防火戸の遮炎時間指定
>特殊防火設備と防火戸は同じもの!?その違いを解説!
>防火戸を設置することで安全面が強化されます
>建築基準法での防火戸の役割と性能規定について

◎2021/6/24

防火戸設備の重要性や必要性・効果
の情報を更新しました。

◎2021/4/14

防火戸の寸法の測り方
の情報を更新しました。

◎2021/1/25

防火戸の設置基準
の情報を更新しました。

◎2020/12/25

サイト公開しました

「玄関 引き戸」
に関連するツイート
Twitter

昔使ってたSesameが有ったので何かに使えないかな〜と思ってた。今の玄関引き戸だから鍵の施錠開錠には使えない。 掃き出し窓のサッシはどうだ?と確認してみると基本レバーの上下で鍵が閉まるが真ん中を中心に回転してるだけだったので設置可能かもと両面テープで取り付けてあれこれ試行錯誤中…。

わが家の玄関引き戸。 しょっちゅう開けっ放しにする👵🏼 虫が入るからちゃんと閉めてと言うと 「こんな天気(雨や曇り)に虫なんていない」と謎のことを言う。 晴れだろうが曇天だろうが季節になれば蚊や他の虫はいるでしょうが。 なぜ素直に、ごめんや気をつけるねが言えないんだろう。

返信先:玄関引き戸にして暖簾かけましょう

家に帰るとネッコが出迎えに来てくれるの最高だよな。 先代猫様は道路側の窓から私を確認すると玄関開けた先のガラスの引戸にババーンて登場してた。 今のネッコは鍵を開ける音で玄関に小走りに来てすり寄ってきて隙を見せたら脱走する。 ネッコ、もしや出迎えではないな?